これだけで定時退社できる!仕事効率化実現3つの方法

仕事には優先順位をつけよう

仕事に優先順位をつけて、一つひとつ片付けていくことは大切なことです。次々と舞い込んでくる仕事を漠然と片付けていると、なかなか仕事の終わりが見えないものです。新しい仕事が入ってきた時にはしっかりと納期を確認しましょう。納期にあわせて優先順位をつけてゆけば良いのです。また、すぐに終わってしまう仕事があるのであれば、先に片付けておくのも一つの方法です。仕事が一つ片付くたびに達成感を感じることができ、次の仕事へ向けてのバイタリティーがわいてくるからです。

完璧を目指さないことが大切

常に完璧を目指さないことは仕事を効率的にはかどらせるためには必要なことです。自分にとって完璧でも、それが上司にとっての完璧とは限らないからです。自分にとって完璧だと思って提出しても上司から半分以上やり直しといわれることもあるのです。そんな場合は、最初から完璧を目指さなければ良かったと感じることでしょう。ある程度、力半分で仕事をおこない、途中経過などで上司に確認を取りながら進めていくのが仕事の効率化につながります。

自分の手に余るものは人に任せる

仕事は、チーム全体で助け合いながらおこなうものです。チーム内の人員はそれぞれ得意分野が異なるでしょう。すべてを自分が背負い込むことはないのです。もし、自分の得意分野ではなく、人に頼んだ方が早そうな場合は、ためらわずに人に頼む習慣をつけましょう。仕事はチーム全体で完成させていくものであることは忘れてはなりません。また、自分には難易度が高く作業が止まってしまっても人に頼めない状況の場合は、すぐに人に質問をする習慣をつけましょう。社員全体で協力し合って進めるのが仕事なのです。

ワークフローは、業務手続の流れを指していて、これを図式化しています。効率化が見込めるだけではなく、生産性が向上するといわれています。