自営業をはじめる前に

準備をシッカリとしましょう

自営業を始めるにあたっては、しっかりと準備をしておくことで、成功か失敗が決まるといっても過言ではありません。これまで、雇われの身で行ってきた仕事と、経営をしていくということは全く別のものになる可能性があるからです。何かを仕入れて、加工して出荷する、といった自営業を考えている場合には、これまでのノウハウを生かすことができます。それでも、これまでどおりのやり方が可能かどうかは、しっかりと把握しておく必要があります。

業界の常識を踏まえて

どの業界にも、それなりのしきたりややり方があります。原材料を仕入れる際に、特約店にしか卸していない、といった決まりがある場合、継続して使用できなくなる可能性があります。そのため、事前に独立する旨を伝えて、確約をとっておく必要があります。元の会社からの紹介があれば、これほど心強いものはありません。ですから、退社して自営を始める場合には、しっかりと円満退社を下地を作ってから始めるというのが、やり方の基本です。

苦しい時でも相談できる相手を

自営業を始めると、思わぬ仕事がたくさんあることに気が付きます。これまで業務に専念できたところが、経営を優先に考える必要が出るわけです。特に経理関係などは、その代表的なものといえ、そういった仕事もこなす準備が必要です。多忙時にはどうしてよいかわからなくなることがあるかもしれませんが、そういった時でも、相談できる人を確保しておくことが重要です。そのためにも普段から、人付き合いは大切にしておくことです。

お弁当販売のフランチャイズをお探しなら、「まごころ弁当」です。加盟金や保証金、研修費、ロイヤリティなど全てゼロという「ゼロプラン」が話題です。