ホームページを検索上位にするためのSEOの基本

情報発信は継続が一番大事!

ホームページを作ってみたものの、なかなか来訪者がいないという悩みは誰にでもある話です。googleやyahoo検索で上位に食い込むには「SEOが大事」などと耳にタコができるくらい聞きますが、検索に効果がありそうなキーワードを散りばめる以外にも大切な要素はたくさんあるんです。例えば、記事の更新頻度。最初は楽しく書いた記事を更新していても、1カ月を過ぎた辺りからネタも尽き始めて、さらには訪問者も少ないことからやる気もだんだん失せてゆく、というパターンは定番中の定番です。ただ、すぐに結果に反映されるような甘い世界ではないのも事実。結果が出ない時期でもコツコツと我慢強く継続を重ねた人こそが、人気ページを生む近道と言えます。最低でも3カ月は記事更新を頻繁に行いましょう。結果を求めるのはそれからです。

他人のサイトにもコメントを残してみる

ブログなどを更新していると、他人が作ったページの出来栄えも気になりますよね。そこで、他サイトにお邪魔してみたら、サイトやページに対してコメントを残してみることをお勧めします。見知らぬ人との会話のキャッチボールが楽しめるとともに、相手も興味を持ってあなたのサイトを訪れてくれる可能性も高いです。もし、あなたのホームページに好意的な書き込みがあれば、反応があることをうれしく思いますよね。その逆も真なり、ということです。また、アクセス解析を見ても数値で訪問者を理解することはできますが、実感は湧きにくいもの。コメントは自分の投稿へのやる気にもつながるので、積極的に他サイトで友好的なコメントを残すとともに、自分のページも売り込んでしまいましょう。

同じ内容を送りつける「コメントスパム」は厳禁!

ただし、他サイトで名刺代わりにコメントを残す上で気をつけたいのは、コメントスパムにならないことです。つまり、サイトについての感想を色々なサイトで使いまわしてアクセスを稼ぐというやり方です。短時間で成果を出すために、さまざまなホームページに足跡を残したい気持ちは理解できますが、内容が薄い、または的外れな感想は閲覧した相手にも伝わるものです。「ああ、きっと宣伝目的でコメント残したんだな」と思われたらアクセスもしないでしょうし、不快感が残るだけです。アクセス先のページの良いところを褒めた上で、自身のページもアピールする。ネットの世界とはいえ、常識的な振る舞いは一般社会と同様に求められていることを忘れないようにしましょうね。

ホームページ作成とSEOは切り離せない事柄です。ホームページを作成しても閲覧してもらえなければ意味がありません。検索結果ページで上位に表示されるように、質の高い効果的なSEOを行うことが大切です。